上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はこのニュースはラジオで耳にしましたが・・・・・。

政府は、銀行などで10年以上お金の出し入れがない「休眠口座」の預金を、東日本大震災の被災地企業の支援策などに使う検討に入った。休眠預金は毎年800億~900億円発生しており、その一部を有効活用するのがねらい。だが、銀行業界は「もともとは顧客のお金。国が使うのはおかしい」と反発しているとの事です。

 金融機関は、最後にお金を出し入れした日や、定期預金の最後の満期日から10年以上放置された預金のうち、預金者と連絡が取れないものなどを「休眠口座」に分類しているようで、金額は公表していないが政府の内部資料によると、2007~09年度には毎年、銀行は730億~770億円、信用金庫・信用組合・労働金庫は計100億円強の休眠預金が発生している。農協やゆうちょ銀行も含めると、さらに増える。


10年以上もお金を動かしていない口座がこんなにあるなんて驚きました( ̄▽ ̄;)

普段使う通帳以外でもしもの時にって置いてあるような口座が10年経過しているものもあるのかな。。。


商法上、銀行の預金は最後の取引から5年、信用金庫などの預金は民法上10年たつと、預金者の権利が失われる。ただ、金融機関は休眠預金でも預金者の求めがあれば、払い戻しに応じている。

商法にはこのなものがあるらいしですね少し勉強になりましたが、今のところわたしの口座で眠っているものは無いと思われます。

みなさんはいかがでしょうか??

ブログランキングに参加中です。
クリックお願いします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://henachokorider.blog56.fc2.com/tb.php/1189-03965130
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。