上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あす27日は私有給休暇をいただき地元の島根県出雲市大社町宇竜へ帰ってきます。

なぜ帰るかと言いますと明日はその宇竜で 『和布刈(めかり)神事』 があり、約9年ぶりに神事に参加する事にしました。

この和布刈神事とは、一羽のウミネコが海草をくわえて権現島の山頂にある熊野神社の欄干に置いて飛び去って行きました。神官が これを洗い乾かすとワカメになったと言う故事にちなんだものですが、ある方が書かれたブログの記事に下記のような事が書かれていました!!

日御碕神社の和布刈神事は、社伝によると、十三代成務天皇六年正月五日の早朝、一羽の鴎(かもめ)がいまだ潮(しお)のしたたる海藻を口にくわえ来て神社の欄干に掛けて飛び去り、しばらくしてまた海藻をくわえ来て欄干に掛け、かくする事三度。これを見た社人は不思議として直ちに真水で洗って神前に供え、直会(なおらい、お下がり)を食した所、なかなか美味であった。この海藻が和布(わかめ)で、それから和布刈が始まったと伝わる。という日御碕神社の伝えがあるようです。

成務天皇の時代って調べてみると1,900年くらい前の方なんですけど・・・。

そんなにこの神事の由来って古いものだったとは知りませんでしたし、我が故郷日御碕も歴史はかなりのものですね。さすが神話の国出雲です(^^;

そう想うととなんだか身が引き締まりますね。

当日神事のとき私は赤の褌締めて地元青年団の若い衆と極寒の日本海を泳ぎます!!

全国放送では流れないと思いますが、山陰のローカルニュースでは夕方、夜とこの様子が伝えられるはずです。


神事は27日のだいたい13時頃の予定ですので、時間がありご興味のある方は是非見に来て神聖なるこの神事をご覧下さい。

またこの様子は写真に撮れればアップします。

ブログランキングに参加中です。
クリックお願いします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://henachokorider.blog56.fc2.com/tb.php/1167-eeaa9ff4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。