上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木の看板
看板板2

この看板は島根県は出雲大社の店舗の看板です。

サイズは2,500ミリ 1000ミリ×35ミリの仕上がりです。

看板に書いてある文字は弊社の社員さんが字の彫刻と字を書かれました。

以前から看板の字を書かれたのを見た事がありましたが、この作品は写真で見る限りでも素晴らしいですね。

今度島根に帰ったら見に行ってみたいと思います。

これから新たな取り組みができそうな気がします。 
スポンサーサイト
2009.01.30 タモ 名栗柱
60角名栗

写真はタモの60ミリ角名栗柱です。

通常は屋外に使用されることなどを考慮して栗が使用されますが、今回は室内で使用されるそうなのでタモを採用されたそうです。

名栗の模様は全て専用のノミによる手作業なので、非常に手間のかかる工芸品。
まさに芸術品ですね!!

まだ違う種類の名栗がありますが次回の日記に取っておきます(^^)
2009.01.29
樫

これは先日発注を請け当社で製材した「樫(かし)」です。

鉄骨の根太みたいなものに使用されるそうですので、この木は堅くずっしりとした材木です。

~「白樫(シラガシ)」~
産地・・・本州中南部から四国、九州に自生。また、朝鮮南部にも分布。

色調・・・辺心材の区分は不明瞭で、材の色調は全体に淡黄色を帯びた灰褐色を呈す。
     柾目面には虎班が現れ、板目には著しい樫目が見られる。

性質・・・木質は国産材の中では極めて重硬で強靭。切削などの加工及び乾燥は困難。
     気乾比重 0.74~0.83

(木材図鑑から抜粋)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。